読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきなり最終話です!

サブブログで自分用メモ。リンクフリーですがご一報くださると助かります。

ラッキースタンダード(仮称)が完成するまで

それスタンじゃないだろ

ポケモン名だけの構築名をつけたくないので切実に構築名を募集しています。

素直に命名するならボルトラッキー辺りが賢明か?

 

基本軸

f:id:lyaopoke:20150513082838g:plainf:id:lyaopoke:20150513082644g:plainf:id:lyaopoke:20150513082737g:plain

 必要なカード

 対先発ガルキザン枠

自己暗示要員

ラストは割と自由

最初は

f:id:lyaopoke:20150714171235p:plainf:id:lyaopoke:20150714171237p:plainf:id:lyaopoke:20150714171239p:plainf:id:lyaopoke:20150714171233p:plainf:id:lyaopoke:20150714171236p:plainf:id:lyaopoke:20150714171240p:plain(ラッキースタンダードver1.0)

これを使用した。上から鬼火を打て、交代による立ち回りのディスアドバンテージを許さないメガゲンガーを補完に採用することで対ガルーラ関連を安定させるつもりでいた。隣が倒れてもゲンガーで1ターンロックできるだけでアドになるのもまだ大切だ。

だがこれには重大な欠陥が残った。

1.天候で上から殴ってくる構築に弱すぎる

雨構築は余裕を持って対応できるがが砂、晴れに対して簡単に鬼火電磁波を入れられないせいで優位を取られるのが非常に厳しく、ドリュウズの処理ルートがボルトの威張るからレパルのイカサマという害悪の極みに達したのが最悪だった。

2.ヒードラン、メガメタグロスが面倒

身代わりを残してくるタイプのヒードランメタグロス+猫に初手で対応できないのが弱く、負けの原因につながっていた。

3.後発に格闘耐性が無い

ローブシンズルズキンといったドレインパンチ持ちを相手にした時はかわし続けるしかない欠陥があった。

次に使ったのはこの形

 

f:id:lyaopoke:20150714171235p:plainf:id:lyaopoke:20150714171237p:plainf:id:lyaopoke:20150714171239p:plainf:id:lyaopoke:20150715042701p:plainf:id:lyaopoke:20150714171236p:plainf:id:lyaopoke:20150714171240p:plain(ラッキースタンダード2.0)

本家に動きがあったことから私も3の問題点を解消するためにクレセリアを採用したが1.2の問題は解決できず仕舞いだった。

また、対キリキザンに関しても明確な回答が無いままであった。

ここで私独自の改造は手が止まってしまい本家の展開を待つことになった。

エンテイ等試用してみたポケモン複数居たがどれも構築にピッタリ嵌まらなかった。

 

本家はORASになって数々の変遷を繰り返してきたわけだが私が納得したのは クレセリア1匹だけだった。

その後本家は鍵となる新たなポケモンを採用する。

f:id:lyaopoke:20150714171234p:plain

ヒードランだ!

メガグロスに強い炎タイプであり課題であった対ガルキザンにも対応できる神ポケモンだ!おまけにバンドリにも出していけるとあれば採用しない理由が無い。

だが、本家も最後の枠を決めかねたようで構築全体としてはあまり強さを感じなかった。理由は選出に組み込みにくいポケモンだったからだろう。

その後本家に更に動きがあった。

f:id:lyaopoke:20150714171238p:plain

メガヤミラミの採用だ。

低下力の搦手に強い耐性を持ちその方面では優秀だったがニンフィアの数故に採用を諦めたことがあった。

メガシンカしても耐久が心許ないがそれでも役割遂行には信用できる数値と評価し私も採用することにした。

この改良によって構築のサブ選出のパワーが上がり勝率もぐっと引き上がった。

 

結果的に以下の並びで結論とし、ひとまず開発を終了することにした。

 

ラッキースタンダードver4.0

f:id:lyaopoke:20150714171235p:plainf:id:lyaopoke:20150714171237p:plainf:id:lyaopoke:20150714171239p:plainf:id:lyaopoke:20150715042701p:plainf:id:lyaopoke:20150714171238p:plainf:id:lyaopoke:20150714171234p:plain

        f:id:lyaopoke:20150715053135p:plain

コンセプトは構築開始時から一貫して電磁波鬼火からの小さくなる+自己暗示リレーを決めるパターンに持ち込む形。有利な展開のためには1T,2Tでしっかりと立ち回りアドバンテージを取る必要があるのを理解していただきたい。有利な展開に持ち込めなかった場合でも相手の攻撃体制が整う前に小さくなる身代わりラッキーを完成させればそれで構わない。その為にヤミラミやクレセを投げ捨てることもよくある。全積み身代わりラッキーなら特殊ポケ含めた三体くらい簡単に倒してくれるから信用すること。

 完成した構築がこれ

lyaopoke.hatenadiary.jp

 

 

参考ブログ

【ORAS全国ダブル】大楽勝エルフゲンガー - さめも