いきなり最終話です!

サブブログで自分用メモ。リンクフリーですがご一報くださると助かります。

運要素MAXのプレイヤーによる確率との付き合い方

チャンピオンロードの行き止まり ポケモンのコラム記事

触発されて書いた。

 

 初めまして。TN、C:Precious:LとzzタカシzzでORAS時代をプレイしていた者です。最終レートは1900より少し高いくらいレートで、シーズン10~17の間に計4シーズン、計6ROMで達成しています。私のパーティの特徴ですが、1つ以外全てのパーティで電磁波、威張る、小さくなるを採用していることでしょう。

ひかりうむさんに貴方の作るパーティは運要素が多すぎるとか言われたので一度こんな記事を書いて自分の考えを整理してみようと思います。

 

・構築段階での確率論

1.運要素を増やす?減らす?

シングルで言えば命中率の低い技の採用を避ける。ダブルで言えば優先度+1のS操作技を採用するといった感じです。しかしこれでは相手からの運要素をケアすることができませんので他の枠でカバーしなければなりません。そして、しばしばそれが不可能なことに気づきます。

2.ではどうする?

常にこちらから運要素を押し付けることができれば問題は解決します(?)

最早意味不明と思う人が居るかもしれませんが相手からの運要素が防ぎきれない以上こちらから押し付ける以外の選択肢を取る理由が見つかりません。

理由ですが、運要素を減らして運要素で負けるよりは徹底的に運要素を増やしてほぼ全ての試合での勝因も敗因も「運」にした方が精神的にずっと楽と考えるからです。

結局運要素は無くならないのです。だったら毎試合運要素を限界まで集めた試合をすればいいのです。

どんな試合でも負けたら運が悪かったせいですからね。

但し構築段階で切ったパーティを除くと言いたい場面ですがそんなのマッチング自体が運負けです。キレましょう。運が悪かったんです。

 

 

 

化石になってた下書きを今更追記して出しました。